2008年04月20日

シンクロニシティ

最近気になっていることがあって・・・

シンクロニシティ

何か二つの事象が、「意味・イメージ」において「類似性・近接性」を備える時、このような二つの事象が、時空間の秩序で規定されているこの世界の中で、従来の因果性では、何の関係も持たない場合でも、随伴して現象・生起する場合、これをシンクロニシティという
(Wikipediaから引用)


んー、この言い方だとピンと来ないと思うけど
これを言い始めたのはスイスの心理学者のユング
直訳すれば共時性原理
簡単に言えば「意味のある偶然の一致」
宗教的な話をしたいのではなくて
もちろん、精神分析のような話をするつもりもなくて


誰かにメールしようとしてたら、そいつからメールが来たとか

普通に考えてたらただの偶然、でも、「これって偶然じゃね?」
っていうことが、偶然じゃない・・・
心の中で、どこかで、こうあってくれたらいいな・・・って
無意識に思っているのかもしれない
であれば、それは必然なんだということ・・・

オレはオマエと会う運命だったんだ・・・
って、本当は偶然会ったのかもしれないけど
でもそれは偶然じゃなくて必然だったとしたら・・・?


良い知らせであればとてもうれしい、嬉しい偶然・・・
逆も想定されるけど、それもある意味良い知らせか・・・
(建設的に考えられればね・・・)


ただ、こうなったらいいな・・・って思う(望む)ことによって
そうすれば自ずと偶然の一致がもたらされるということ

その偶然は偶然なんてものではなく
自分が思っていた必然なんだということ・・・


オレがサーフィンで得たものは
オレがスノーボードに出かけるようになったのは
オレが旅先で出会った人は
オレがみんなと会えたのは
オレが今ここでこうして生きていられるのは

・・・すべて必然だった


・・・シンクロニシティ、人生において楽しみが増えるかな
 ・・・また一つ幸せにを感じれるかな

オレはロマンは嫌いじゃない・・・

posted by うき at 00:34| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。